確定申告

サービス - 個人の方

確定申告とは、課税期間中の全ての所得にかかる税金(所得税および復興特別所得税)の額を計算して、申告期限までに税金を納付するための手続きのことを言います。
個人の場合は、1月1日から12月31日までの1年間で計算し、確定申告書などの必要書類を揃えて、原則翌年の2月16日から3月15日までに税務署に申告・納税します。
かがやき税理士法人の個人確定申告件数は1,700件を超えます。
豊富な知識と経験でお客様の確定申告をお手伝いいたします。

こんなお悩みをお持ちの方

  • 確定申告が必要かどうか判断できない。
  • 何から手をつけよいかわからない。
  • 所得税のアドバイスが欲しい。

確定申告書作成

確定申告が必要な方

  • 2か所以上から給与を受け取っている方
  • 給与の年収が2,000万円を超える方
  • 給与所得、退職所得以外の各種所得金額(副業等)の合計額が20万円を超える方
  • ストックオプションを行使した方
  • 年の中途で退職をした方
  • 再就職したが、年末調整を受けていない方
  • 事業的規模の個人事業主の方
  • 不動産を売却して、売却益が生じた方
  • 公的年金収入が400万円を超える方
  • 国民年金や厚生年金など、公的年金収入が400万円以下であっても、年金以外の所得金額が20万円を超えている方
  • 保険金が満期になった方
  • 特定口座を選択せずに株取引を行っている方
  • 同族会社の役員やその親族等で、会社から給与の他に貸付金の利子、店舗等の賃貸料、機械の使用料等の支払いを受けた方
  • 所得が公的年金等にかかる雑所得のみの方
  • 公的年金等の金額から公的年金控除額、基礎控除、その他の所得控除を差し引いて計算した税額から、定率減税額を差し引いても、納付税額のある方
  • 災害減免法によって源泉徴収税額の徴収や還付を受けた方
  • 退職所得がある方
  • 「退職所得の受給に関する申告書」を事業主に提出せずに20%の税率で源泉徴収された方で、その源泉徴収額が正規の税額よりも少ない方

各種控除を利用してもっと節税を!

医療費控除
医療費が家族で10万円以上かかった方
市販薬を1万2千円以上購入した方

寄附金控除
対象となる団体等に寄附をした方(ふるさと納税等)

住宅ローン控除
住宅ローンを組んで、マイホームを取得した方

認定住宅新築等特別税額控除
マイホームを新築または購入し、その住宅が認定長期優良住宅等の方

特定増改築等住宅借入金等特別控除
ローンを組んで、マイホームのバリアフリー改修や省エネ改修をを行った方

住宅特定改修特別税額控除
マイホームのバリアフリー改修や省エネ改修をを行った方

住宅耐震改修特別控除
マイホームの耐震改修を行った方

雑損控除
災害・盗難・横領によって資産に損害を受けた方

以下のような方も確定申告で還付が受けられる可能性があります。

  • 株取引で損をした方
  • 扶養家族が増えた方
  • 配偶者と離婚又は死別した方
  • 親と同居するようになった(または親を扶養するようになった)方
  • 年末調整の際に、所得控除の申請漏れがあった方
  • 予定納税をしたが、確定申告の必要がなくなった方

対応窓口

かがやきグループは、お客様のあらゆる悩みにワンストップで
対応できるサービス体制を整備しております。